検査・予防接種

戻る

予防接種はお早めに

伝染病は他のペットと直接接触しなくても便や尿、唾液などを介して感染してしまう事があります。ワクチンには病気に対する抵抗力(免疫)をつける効果があります。

ワクチン接種により病気を予防しましょう。

犬の予防案内

ワクチン
複数の伝染病をまとめて予防するのが混合ワクチンです。
子犬の場合は約8週齢、12週齢、16週齢のタイミングで接種します。その後は1年に1回接種します。
混合ワクチンとは別に狂犬病ワクチンがあります。これは1年に1回接種しなければいけないと法律で決まっています。
フィラリア
蚊に刺されることによって感染する寄生虫です。
心臓病になり命を落とす危険があるので必ず予防しましょう。
毎年、春から秋にかけて1ヶ月に1回のペースで飲み薬を与えます。
ノミ・マダニ
公園や草むらを散歩すると寄生することがよくあります。
皮膚病の原因になるだけでなく、マダニを媒介して体内に侵入してくる寄生虫に感染すると、命を落とす危険性もあります。
背中に液体を付けるスポットタイプの予防薬がよく効きます。(市販の類似品は効果が少ないのでご注意ください)

猫の予防案内

ワクチン
複数の伝染病をまとめて予防するのが混合ワクチンです。
子猫の場合は約8週齢、12週齢のタイミングで接種します。
その後は1年に1回接種します。
フィラリア
猫に感染する確率は低いのですが、それでも感染例が世界中で報告されています。
蚊にさされる可能性のある環境で飼われている方や、ご心配な方は予防をおすすめします。背中に液体を付けるスポットタイプの予防薬ならノミ、ダニ、回虫も同時に駆除できます。
ノミ・マダニ
公園や草むらを散歩すると寄生することがよくあります。
皮膚病の原因になるだけでなく、マダニを媒介して体内に侵入してくる寄生虫に感染すると、命を落とす危険性もあります。背中に液体を付けるスポットタイプの予防薬がよく効きます。(市販の類似品は効果が少ないのでご注意ください)